HOME歯列矯正の豆知識 > 自分にはどれが最適?数ある歯列矯正の種類

自分にはどれが最適?数ある歯列矯正の種類

30

長年気になっていた歯並びをやっぱり矯正してキレイにしたい!
ずっと気にしているのであれば、思い切って矯正してみたいと思うものですね。
最近は成人してから矯正を始める方が非常に増えています。
しかし、いざやってみようと思っても矯正の種類は様々でどれを選んでいいのか悩んで
しまいます。

そんな皆様のために歯列矯正の種類とそれぞれの特徴についてご紹介いたします。

歯列矯正の種類と特徴

金属ブラケット
通常は矯正と聞くと想像するのがこの金属ブラケットです。
矯正したい歯の表側に小さな金属のブラケットを接着し、そこにワイヤーを通し、
ワイヤーの力で歯を動かして矯正します。

リンガルブラケット
歯の裏側にブラケットを接着しワイヤーを通す矯正方法です。
矯正器具が前からは全く見えませんので、矯正を人に知られたくない、見られたくないという方に向いています。

マウスピース矯正
歯に金属の器具を留めるのではなく、透明で薄いマウスピースを歯にかぶせることで歯を動かす矯正方法です。
マウスピースは自分で取り外しができますので、職業柄矯正器具の装着が難しい方に向いています。

審美ブラケット
歯に装着する器具の色を白やスケルトンにして目立たないように矯正する方法です。
金属ブラケットに比べるとわかりにくいですが、器具の装着は歯の表側ですので矯正は他人から見えます。
非金属の器具を装着しますので、金属アレルギーの方に向いています。

インプラント矯正
人工歯根をアゴの骨に埋め込むインプラントの技術を活用して行われます。
インプラントで埋め込んだ歯を支点として動かしたい歯を引っ張って矯正します。
半年ほどで矯正できますので短時間で矯正をしたい方に向いています。

女性に好まれる矯正方法は?

31

女性が矯正を考えたとき、一番壁となるのはやはり見た目です。

口を開ければ目立って見えてしまう矯正器具を長期間装着するのはとても勇気が必要になります。
そんな女性達に人気がある矯正方法は「リンガルブラケット」です。
リンガルブラケットは前述したとおり表側から見えないので、見た目に全く違和感がありません。

 
また、装着器具に慣れてしまえば発音や咀嚼への影響もほとんどありません。
歯の内側に留めるブラケットは外側に使うものよりも小さくデザインされているので、歯磨きなどのお手入れがしやすく、歯石や汚れがたまりにくく衛生的なのも女性にとって魅力です。

人と接する職業の方は歯並びが気になるものですが、仕事柄矯正器具を着けることに抵抗がある方も少なくありません。
しかしリンガルブラケットで矯正すればその悩みが一気に解消できるので多くの方に選択されています。

いかがでしたでしょうか?
いざ矯正をしてみたい!と思っても色々なことが気になってなかなか前に進めないものです。
しかし歯列矯正の技術は非常に進歩しており、色々な面で負担がかからないよう配慮されています。

それぞれの矯正方法にはメリット・デメリットが存在します。
歯科医師とよく相談し、自分のライフスタイルや考え方に一番合った矯正方法を選択するようにしましょう。

カテゴリー: column_view パーマリンク

コラム一覧