0120-320-920

矯正治療コラム

矯正治療

矯正を他人に気付かれない!リンガル矯正とは?

「歯並びが気になる、だけど矯正器具を付けるのはもっと気になる」こんな理由で矯正を諦める人がとても多くいます。

そんな方に知っていただきたいのが「リンガル矯正」です。

ここでは、矯正していることがわからないほど目立たない、このリンガル矯正について詳しくご紹介して参ります。

リンガル矯正とは?

リンガル矯正は裏側矯正とも呼ばれ、その名の通り歯の裏側に金属のブラケットをつけて矯正する方法です。

歯の裏側に付けたブラケットは表からは見えることがないので、矯正していることを他人に気付かれないメリットがあります。

リンガル矯正が徐々に普及してきた背景には、矯正器具の進化があります。

以前のリンガルブラケットは「大きく分厚く突起部分が多い」という理由から、痛かったり話しにくいというデメリットがありました。

しかし、最新の技術によって小型で薄く突起部分が少ない超小型のリンガル装置が開発され、これによって歯の痛みや話しにくさが軽減されています。

リンガル矯正は、治療する人に対する負担を最小限に食い止めることができる矯正方法なのです。

リンガル矯正のメリットとは?

リンガル矯正は見た目が気にならないという点以外にもメリットがあります。

・虫歯になりにくい

矯正中に虫歯になりやすい理由の1つとして、歯が乾燥してしまうという点が挙げられます。

しかし、リンガル矯正はブラケットが歯の内側にあるため、装置が付いている歯が常に唾液で湿った状態になります。

唾液には歯垢を防ぐ作用があるため、通常のブラケット矯正に比べて虫歯になりにくいのです。

・舌癖の抑制につながる

出っ歯の方の多くは、常に舌で内側から前歯を押す癖があり、この舌の力で歯が除々に前へ出てしまいます。

リンガル矯正は内側にブラケットを付けるため、自然と舌で歯を押す癖が抑制されていくと言われています。

舌は上の歯の付け根1㎝下、タンスポットにあるのが定位置です。

リンガル矯正をきっかけに、舌の位置の矯正にも繋がると考えられています。

矯正が気になっていたのになかなか踏ん切りがつかなかった方は、リンガル矯正の存在を知って目の前が明るくなったのではないでしょうか?

歯並びを気にしてばかりの生活は、あなたから自信と楽しい時間を奪っていると言えます。

目立たない矯正で美しい歯並びを手に入れることができれば、今まで悩んでいたことが嘘のように吹っ切れて楽しい毎日を過ごすことができるでしょう。