0120-320-920

矯正治療コラム

矯正治療

意外なメリット!?「歯列矯正で小顔になる」ってホント?

美を意識する女性なら、どうしても気になるのが「小顔」ではないでしょうか。

モデルさんのような頭身にはやはり憧れますよね。

小顔になるための方法として「歯列矯正で小顔になる」という説を聞いたことはありませんか?

歯並びもきれいになってしかも小顔になれるなら言うことないですよね。

これは本当なのでしょうか。

今回は、気になる歯列矯正による小顔効果についてお伝えします。

食事の摂りにくさがダイエットにつながる!?

実際、歯列矯正をして顔がすっきりした印象になる方もいるようです。

その一つの理由として考えられるのは、歯列矯正中には矯正用器具の装着や抜歯等が原因で食事をとりづらい時期があること。

自然と食べる量が減ってダイエットにつながる場合があるようです。

顔の無駄な肉が落ちることによって、すっきりした印象になるのですね。

親知らずの抜歯で小顔に!?

歯列矯正の中でも小顔効果が高いとされているのが、親知らずの抜歯です。

これにより小顔になったという声も。これはどうしてなのでしょうか。

歯を抜くと、その周りの骨も痩せてきます。

親知らずは歯茎の一番奥にある歯ですが、親知らずの周りには頬骨や顎の骨などたくさんの骨があります。

これを抜くことによりフェイスラインに関わるいろんな骨が痩せてくるために、顔がすっきりして小顔になったような印象をもたらすことがあるのです。

ただし、これは元々の顔立ちによってもかなり異なり、誰にでも小顔効果があるというわけではありません。

こんな人に小顔効果が現れやすい

ではどんな人に歯列矯正による小顔効果が現れやすいのでしょうか。

まず第一に、顎やエラが張っているタイプの顔立ちの方です。

下の親知らずは顎の骨の近くにあり、これを抜くと顎の骨が痩せるのでエラが張っていたのが緩和され、小顔効果がもたらされます。

次に頬骨が出ている方です。

上の親知らずは頬骨の近くにあり、これを抜くと頬骨がやせるので、結果的に頬骨が出ている状態が緩和され小顔効果がもたらされやすいです。

第三に顎の筋肉が発達している方です。

まっすぐに生えている親知らずは噛むときに重要な役割を果たしていることがあり、このような場合に親知らずを抜くことで噛む力が衰えあごの筋肉そのものが落ちて小顔効果がもたらされることがあります。

以上、歯列矯正と小顔効果の関係について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

必ずしも誰もが小顔になれるというわけではなさそうですが、小顔効果が現れやすいタイプというのはありそうですね。

※親知らずの抜歯による小顔効果は、関連性が断定されているわけではないのでご留意ください。