0120-320-920

矯正治療コラム

矯正治療

“日本”でのチャームポイント「八重歯」

みなさん。八重歯って好きですか?可愛いっていう人が多いですよね。

でも、じつはそれ、日本人だけなんです。

今日は日本と海外との歯の意識の違いについてご紹介します。

日本「八重歯カワイイ!」海外「え。え?」

日本の『カワイイ』は国内独特なもの。その例の一つに挙げられるのが『八重歯』。

日本では、わざわざ八重歯の差し歯をしたり、八重歯をした女子の写真集がでるほど。

でも、海外じゃ八重歯って実に不人気なんです。

とくにアメリカでは『歯並びの良さ』=『育ちの良さ』という考えがメジャー。

八重歯は吸血鬼みたいと不評です。

どんな方も小さい頃から歯並びの良さを意識して、親も必ずと言って良いほど、自分の子に歯の矯正をさせています。

歯並びを直さないことへのデメリット

海外の人から見ると、「八重歯は吸血鬼みたい」と書きました。

この他に、鋭い犬歯や乱れた歯並びを「動物的だ。そんなものをほったらかしにしてる人の気がしれない!」という意見も。

欧米における矯正の歴史は古代ローマからあるくらいですから、そのこだわりようが伝わります。

ですが歯並びの悪さは、見た目以外にも問題があるのです。

「歯並び」=噛み合わせ。

これが悪いと虫歯や歯周病はもちろん、以下のような症状が現れます。

発音障害

顎間接症

消化不良

不眠症

仮性近視

肥満

高血圧 etc……

こんなにも沢山の健康障害を、歯並びの悪さは引き出してしまうのです。

痛い? 見た目が悪い? そんなことない! 矯正治療最前線

それでも歯の矯正に踏み切れない人には、大きく分けて二つの理由があります。

一つは治療器具の見た目や装着中の痛みといった、器具がらみの理由。

もう一つは高額な治療費。

コレを読んでる皆様の中にも、幼いころに治療を考えたけど上の理由で諦めたという人が多いと思います。

ですが今、矯正器具は以前とは比べ物にならないほど改善されているのです。

リンガルブラケット……歯の裏側から取り付ける矯正器具です。歯を出して笑っても器具が見えることはありません。

クリアブラケット……透明感のある素材でできた矯正器具です。透明感があり、歯の上からでも目立ちません。

インビザライン/クリアコレクト……半透明なマウスピース型の矯正器具。ただし、定期的な交換が必要になります。

以上のように新たな治療法と器具ができている歯の矯正。

時間、手間、費用が格段に改善されています。

キレイな歯並びを求めるのは国際常識

海外の人の多くは、日本人の歯並びへの無関心や治療放置に驚いています。

「贅沢をするお金があるなら、歯を治せば良いのに!」とはよく聞く意見です。

もはや歯並びに気を遣うのは国際習慣。

そしてこれらかの十年、二十年。

今以上に多くの海外の方と触れ合う機会がでてきます。

そのとき、海外の方に笑われたり引かれたりしないよう、今のうちに是非治療しましょう。