HOME歯列矯正の豆知識 > いいことは何もない! 歯の「食いしばり」6つのリスク

いいことは何もない! 歯の「食いしばり」6つのリスク

いいことは何もない! 歯の「食いしばり」6つのリスク

自分ではなかなか気づきにくい、歯の「食いしばり」には大きなリスクが潜んでいるのをご存知でしょうか?
食いしばりを続けていると、歯や歯茎だけでなく体にもさまざまな症状を引き起こします。
食いしばりのことをよく理解し、意識を高めてみましょう。

食いしばりとは?

怖い映画を観ている時など、思わず歯をギュッと噛みしめてていることがありませんか?
「食いしばり」はまさにその状態です。
ただし、意識的にではなく無意識に上下の歯と歯を噛み合わせています。

本来なら歯と歯が接している時間は食事の時だけであり、1日のうち20分程度が正常なのですが、食いしばりがクセになっている人の場合、一日に1~2時間は歯と歯を合わせていると言われています。

食いしばり6つのリスク

無意識に歯を食いしばっていると気づかぬうちに体にさまざまな異変が生じます。
「原因がよく分からない体の不調」は、食いしばりが原因かもしれません。
自分の歯や体をよくチェックしてみましょう。

(1)歯がしみる、痛む
食いしばりは歯や歯茎に大きなダメージを与えます。
歯の根元や噛む面が削れたり、歯に亀裂が入ってしまうと知覚過敏を起こして歯がしみます。

さらに、亀裂が入った部分から細菌が入ると神経が死んでしまいます。
こうなるとしみていた状態から徐々に痛みを感じるようになり、最悪の場合は耐え難い激痛を感じるようになります。

(2)歯が割れる
食いしばりによって歯に亀裂が入り、そのまま大きな力を加え続けていると歯が割れてしまうことがあります。

特に注意したいのは神経を抜いてしまった歯です。神経のない歯はもろくて割れやすいので注意が必要です。
亀裂が大きい歯は抜歯をしなければならないので、後々とても後悔することになります。

また、歯の詰めもののセラミックは歯と同じか少し固めに造られているので、食いしばりが強いと割れることがあります。

(3)噛む時に痛みを感じる
食いしばりが長時間続くと歯の周りの歯根膜に炎症が起こり、噛むと痛みを感じるようになります。
虫歯と間違えやすい痛みですが「上も下も痛い気がする」といったように痛い場所が特定できない場合は、食いしばりが原因となっていることがあります。

(4)顎が痛む(顎関節症)
顎関節症の多くは食いしばりが原因と言われています。
顎の骨と頭の骨は左右の関節の部分だけでつながっており、食いしばりで顎の関節に強い力がかかると顎の関節にある関節円板がずれたり、へ慶したり、穴が空いてしまうことがあります。
顎関節症になると、ものを噛んだり口を開けたりした時、顎に痛みを感じます。

(5)肩こり、頭痛
肩こり、頭痛

食いしばりをすると顎から首にかけて、首から肩にかけてつながっている筋肉が緊張状態になり肩こりを引き起こします。

また、顎から頭の横に広がる側頭筋も緊張状態になり、頭が締め付けられるような頭痛を感じることがあります。

(6)顔が大きくなる
食いしばりは顔周りの筋肉を使うので、気づかぬうちに顔の筋肉が発達して輪郭が変わってしまうことがあります。

また、長期間食いしばっていると顔の骨や筋肉が成長してしまい、顔が一回り大きく見えてしまうこともあります。

食いしばりにいいことはない

食いしばりが体に引き起こす症状を見てみると、どれもこれも嫌なものばかりです。
無意識にしてしまっていることが体にこれだけの異変を引き起こすのはとても怖いですね。

もし思い当たるところがあるのなら、食いしばりをしないように意識する生活を始めていきましょう。

カテゴリー: column_view パーマリンク

コラム一覧