HOME歯列矯正の豆知識 > 産後のママに「歯列矯正」をおすすめする理由

産後のママに「歯列矯正」をおすすめする理由

産後のママに「歯列矯正」をおすすめする理由

産後、子育てを始める時期に歯列矯正をする女性が増えています。
実は、子育てを始めたばかりの時期は歯列矯正を始めるのに最適な時期。
その理由やメリットをご紹介します。

人に会わない時期だから歯列矯正しやすい

歯列矯正をする際に誰もが気になるのが「人に見られたくない」という見た目の問題です。
笑った時や食事の時に矯正器具が見えてしまうとなんとなく恥ずかしい気がしてしまうんですね。

しかし、産後は体力もなく、子連れで出歩きにくいため、外出して人と会う機会が少なくなるものです。
このような状況を逆手に取り、歯列矯正をしてしまおうと考える女性が多いのです。

最近では治療中に赤ちゃんや幼児を見ていてくれる歯科医院が増えており、安心して歯の治療に専念しやすいという面もあります。
人に会う機会が少ないこのタイミングを上手に使っているのです。

赤ちゃんが成長すればどんどん人と接する機会が増えてきます。
その時のために、育児を始めたばかりの時期に歯列矯正をしてしまうという選択はとても賢いですよね。

頑張った自分へのご褒美

産後のママに「歯列矯正」をおすすめする理由

妊娠中から出産まで、そしてこれからの育児生活は女性にとって大変なものです。
この時期を乗り越えるための自分へのご褒美として、小さい頃から気になっていた歯並びを直そうと歯列矯正を始める女性もいます。

この先はずっと家庭と子どもを優先し、当分は自分のことなど構うことはできない。
だったら子どもがまだ赤ちゃんのうちに自分のためにできることをしておきたいと考えるのは自然なことです。

育児にはストレスが付き物。
自分の思うようにいかない毎日が積み重なると心身共に疲れてしまいます。
そんな自分に「私は自分のやりたいことをしているから大丈夫」と言い聞かせることができればストレスを軽減できます。

出産後の生活の中に「自分」の姿をちゃんと見つけることができるというのはとても大事なことです。
そのために歯列矯正にチャレンジし、自分の心を満たしながら歯並びを整えられるのはとても素敵です。

働くママにとっては「今しかない!」

産休、育休をとっている「働くママ」にとっては、育休の時期を逃せば歯列矯正の治療に通うのはほぼ不可能になります。

職場に復帰すれば、子どもの送り迎え、家事、仕事、学校行事などで毎日バタバタと忙しく、とても時間が取れません。
歯列矯正をしようにも、定期的な通院が苦になったり、忙しくて歯科医院の予約をキャンセルする事態も予想できます。
また、接客や営業のお仕事をしているママにとっては、仕事をしながらの矯正には抵抗があります。

だからこそ「今しかない!」と考えるのが育休中のママです。
育休中は時間があるので通院スケジュールも立てやすく、歯列矯正治療に専念できます。
職場復帰とともにきれいな歯並びで心機一転頑張れるという素敵なメリットもありますね!

子どもが成長するにつれてママ友同士のつながりは深くなり、どんどん人と接する機会が増えてきます。
ママの将来を充実させて毎日を楽しくするためにも、大事な時間を有効に使って歯並びを整えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: column_view パーマリンク

コラム一覧