HOME歯列矯正の豆知識 > 矯正率が低い日本……女性の7割が「歯並びに自信なし」

矯正率が低い日本……女性の7割が「歯並びに自信なし」

矯正率が低い日本……女性の7割が「歯並びに自信なし」

思い切り口を開けて笑うと思わず「ハッ」としてしまう。
そんなあなたは自分の歯並びをとても気にしているはずです。

日本は先進国の中でも恵まれている国ですが、なぜか諸外国と比べて矯正があまり普及していません。
日本人女性がいかに自分の歯並びに自信を持てずにいるのか、その現実を見ていきましょう。

7割の女性が「歯並びに自身がない」

歯並びについてアンケートを取ると、7割以上の女性が「歯並びに自信がない」と答えています。
女性達が歯並びに自信がないと答える理由は、「出っ歯」「八重歯」「受け口」「歯がガタガタ」「すきっ歯」などさまざまです。

歯並びの悪さには生まれ持った骨格や歯の大きさが影響していますが、成長する過程で徐々に歯が動いてしまい歯並びが悪くなることもあります。
小さい時はきれいな歯並びだったのに、成人してから親知らずが生えてきて歯並びが悪くなるケースも……。

こうして歯並びが悪くなると、人前で口を開けて笑うことができなくなったり、ひどい場合は対人恐怖症に陥ることもあります。
いつまでも歯並びに自信がないと嘆くだけでなく、どうすればよいかを考える必要がありそうです。

日本人の歯並びは世界的にも低水準

日本人の歯並びは世界的にも低水準

歯並びに自信がない日本人はどうして多いのでしょうか? もう一つ、興味深いアンケートを見てみましょう。

▼アメリカと日本の「歯並びが良くない人の矯正治療率」
アメリカ:50%
日本:21.3%

アメリカ人は2人に1人矯正をしているのに対し、日本人は約5人に1人です。
矯正に関して言えば、日本はアメリカよりかなり遅れている状態だと言えるでしょう。

その背景にあるのがアメリカ人の国民性です。
アメリカ人は見た目にその人の内面が映し出されると考え、常に美意識を高く持ち自分の見た目を整えようとします。

見た目のだらしない人を「ダメな人」とするのがアメリカ人社会の常識となのです。
日本人も同じような意識を持ってはいますが、歯に関してはあまり意識されず、なかなか矯正が普及していません。

こんな想像をしてみてください。
きれいにメイクし素敵な洋服を来ている女性がにっこり笑ったら歯並びがすごく悪い……。
とても違和感がありませんか? 身だしなみに気を遣う日本人だからこそ歯並びにも気を遣うべきなのではないでしょうか。

歯並びを整えた女性の声

では、歯並びを矯正で整えた女性達の声を見てみましょう。

「友達と話すときも口元に手を当てる必要がなくなった」
「人と一緒に食事をすることが楽しくなった」
「自分から男性に話しかけることができるようになった」
「思い切り笑える楽しさを知った」
「おしゃれを楽しめるようになった」

いかがでしょうか? 勇気を出して矯正をしたことで毎日の生活がとても明るくなり、前向きになっているのがわかります。
自分に自信が持てない理由が歯並びなら、それはとても残念なことだと思いませんか?

歯並びを整える意味を考えてみる

歯並びの悪さが、毎日の生活から何を奪っていますか?
そんなことを考えてみると歯並びがいかに大切かがよく分かります。

長い間ずっと悩んできた自分の歯並びを矯正で整えることができたら、あなたの生活はどう変わるでしょうか?
矯正を試みる女性はとても増えています。
誰もが自分の将来を明るいものにしたいと考えています。
女性らしく生きるためにも矯正にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: column_view パーマリンク

コラム一覧