HOME歯列矯正の豆知識 > 歯並びが顔の歪みの原因に?歯列矯正できれいな顔を

歯並びが顔の歪みの原因に?歯列矯正できれいな顔を

歯並びが顔の歪みの原因に?歯列矯正できれいな顔を

美しい歯並びを手に入れるために行われる歯列矯正。
歯並びの悪さを放置していると、噛み合わせの問題から顔の歪みにつながることがあります。

ここでは、歯並びが顔の歪みを引き起こすメカニズム、そして歯列矯正によって顔の歪みがどのように改善されていくのかをご紹介します。

顔の歪みの原因

顔の歪みは審美的な問題だけでなく、咀嚼や発音に影響を与えるほか、体全体のバランスにも悪影響をもたらし、頭痛や肩こり、顎関節症や眼精疲労といったさまざまな症状の原因となります。

顔が歪む原因には「ほお杖」「唇を噛む」「片側ばかりで荷物を持つ」「足を組む」「猫背」「就寝時の姿勢」「咀嚼の仕方」「歯ぎしり」といったものが挙がりますが、今回のテーマである歯並びは、咀嚼の仕方に影響する要素です。

歯並びと噛み合わせ

「虫歯の治療をしている」「もともとの歯並びが悪いため噛みにくい」「単なる癖」といった理由で片側、一部分の歯ばかり使って咀嚼をする人がいます。
噛む力が分散されなければ、一部の歯だけが磨り減り、顎の筋肉量も多いところ少ないところができるため、顔の歪みに繋がってしまうのです。
また、出っ歯の人は顎が小さく見える、受け口の人は顎がしゃくれるといった悪影響もあります。

歯並びが悪ければ「噛み合わせが悪くなる→顔のバランスが崩れる→ますます歯並びが悪くなる→噛み合せが悪くなる」という悪循環ができあがるのです。
このため、歯並びは可能な限り早めに治すことをおすすめします。

歯列矯正で顔の歪みを治す

歯並びが顔の歪みの原因に?歯列矯正できれいな顔を

歯列矯正は、ずれた骨を元の位置に戻すように、歯を動かして本来あるべき位置に収める治療です。
歯というのは、単純に強く指で押しただけで動くようなものではないため、動かすためには一定量の力を継続的に加え続けていく必要があります。

筋力トレーニングのように力を加えることで歯の細胞も破壊と再生が行われ、その結果歯が徐々に動いていくのです。
(歯列矯正の詳しいメカニズムは、「どうして歯が動かせる!?歯列矯正のメカニズム」もご覧ください)

このように歯並びが本来あるべき自然なものになれば、噛み合わせの悪さも改善されます。
口元だけでなく顔の筋肉も均等になるため、結果的に顔の歪みの解消に繋がります。

歯並びの改善は、顔の歪みを治し美しい顔に近づけるだけでなく、健康の増進にも大きく貢献します。
見た目と健康の問題も、実はつながっているんですね。
みなさんも、歯列矯正で美人を目指してみませんか?

カテゴリー: column_view パーマリンク

コラム一覧